2021年下半期12星座占い

 12星座の2021年下半期の運勢をタロットカードで占いました。心なしか上半期は気持ち的に張り詰めた星座が多く、これから心の快方に向かうような運勢が多い気がします。 世の中の流れもそうなると良いですね。

おひつじ座(3/21〜4/19生まれ)
上半期は自制がきかず少し怠惰に過ごしてしまいましたが、不思議と運気は上昇傾向にあり、今月は最高の運気を迎えています。下半期はそんな過去の自分を振り返りながらも成長する出来事がありそうです。周りの人の言葉に耳をかたむけるようにしましょう。

おうし座(4/20〜5/20生まれ)
あまりにも出不精でお金を使わず、貯蓄が増えた方も多いのでは。ですが、同時に体力が衰えてきているかもしれません。来たるべき時に向けてお金だけでなく体力も備えましょう。運動や食事に気を使ったり、生活スタイルを変えるのも良いかもしれません。

ふたご座(5/21〜6/21生まれ)
上半期は安定した日々を過ごし、最近では新しい道に希望が見えてきているようです。下半期では間違った判断をしない事が大切になってきます。自分の生活を見直し、礼儀正しい態度やモラルを守る事に集中してみましょう。評価される時が来るはずです。

かに座(6/22〜7/22生まれ)
上半期はどこか物足りなさを感じ、自分の中でもここは改善しなきゃな…と思っていたことがあるかと思います。下半期は立場が優位になり、挑戦できる時がきます。向上心を持って挑めば、目標は達成され、将来の見通しが良くなるでしょう。

しし座(7/23〜8/22生まれ)
なにかが始まりを迎え、期待値が上がり、自信がついている時のようです。ですが、それは準備不足・体力が備わっていないまま始まったことではありませんか。力を入れすぎると衝突や気持ちが不安定になることがあるようです。下準備をしながら取り組みましょう。

おとめ座(8/23〜9/22生まれ)
意地になって素直になれず、孤独を感じていたり、視野が狭くなっていませんか。誰にも理解してもらえない…と悲観的になっているかもしれません。気持ちを切り替えないと、この状態はしばらく続きそうです。素直な心を忘れずに、周囲の言葉に耳を傾けてください。

てんびん座(9/23〜10/23生まれ)
コツコツと根気よく取り組んできた事が行き詰まり、今は自信がない時かもしれません。下半期は良い方向への変化や運命的な出来事が待っているようです。あまり一つのことに依存し過ぎず、広い視野で物事を捉えてみましょう。思わぬチャンスが転がっていたりしますよ。

さそり座(10/24〜11/22生まれ)
挫折や逃げ出したことで心の整理が追いつかず今現在投げやりになっている部分はありませんか。下半期からは心は安らぎや安定に向かうと出ています。現状に焦らず、気分転換や息抜きを忘れず、目の前のことをコツコツと片付けていってください。リラックスが鍵です。

いて座(11/23〜12/21生まれ)
今年はいい年にするぞ!と、最初は全てにおいて気を引き締めていたものの、お金においては思わぬ出費や浪費が多くなっていませんか?下半期は思いやりや優しさ、素直な心がポイントと出ています。お金の使い道を見極めて生活すれば、心にゆとりができますよ。

やぎ座(12/22〜1/19生まれ)
今年はやる気や行動力にみなぎりすぎて、周りからはついていけない…厳しい…という印象を持たれがちかもしれません(笑)気持ちがあるのは良いことなのですが、周りとの調和に気を配ったり感謝することもできれば、より良い結果や印象を残せますよ。

みずがめ座(1/20〜2/18生まれ)
今年はみずがめ座さんの年ということで、思い通りに事が進むことも多く無敵気分でしょう。ここで調子に乗らず、自分を過信しないことが下半期も運気を継続させるヒントのようです。あれもこれもと欲張らず、「こんなもんか」という姿勢でいましょう。

うお座(2/19〜3/20生まれ)
ここ1年ほど自己防衛に徹していたうお座さん。ですが、今年に入り自分や周囲のことで新たな気づきや発想があったかもしれません。下半期は長い間悩まされていたことから解放され、ステップアップできる時がきます。自分を信じて行動に移してみてください。

おすすめの記事