肛門の上を斜めに切ると、ワタ(内臓)部分が出ずにおいしく蒸せます!

秋刀魚といえば塩焼ですが、秋刀魚の栄養を余すところなくいただけるのがホイル蒸し。ふわふわな身とワタや脂もおいしく、グリルも汚れなくて言うことなし!

材料(4人分)
サンマ…4尾
タマネギ…1個
シメジやエノキダケ…お好みの量
酒…大さじ4(サンマ一尾に大さじ1ずつ)
カボスまたはレモン…適量

作り方
① タマネギは薄切り、キノコは軸を切り落とし食べやすい大きさに切る。
② サンマは軽く洗い、キッチンペーパーで水けを拭く。
③ サンマを肛門から斜めに包丁を入れて、半分に切る。
④ サンマが包める大きさのアルミホイルを用意し、アルミホイルの上にタマネギ、サンマ、キノコを順にのせ、酒をふる。
⑤ 蒸気が逃げないようにアルミホイルで具材をしっかり包み、魚焼きグリル(中~強火)やオーブン(200℃)で約15〜20分蒸す。フタつきフライパンでもOK。
⑥ 食べる時に、ポン酢をかけたり、レモンやカボスを添えてめしあがれ。

おすすめの記事