2021年3月のイベント情報

新型コロナウイルスの感染症対策のため、急遽中止や人数制限等が発生する可能性がございます。
必ず事前に当日の状況を確認してからイベントに伺うようにしましょう。

◆新春行事
八千代新川河津さくらライトアップ
【日時】2月28日(日)〜3月14日(日) 17時〜20時
【場所】新川右岸河津さくら並木(国道16号線八千代橋から約300mの区間)
【料金】無料
【内容】八千代市を流れる新川沿いには、日本最長級4.6キロにわたり河津桜並木が続いています。「八千代新川千本桜まつり」は市民の手によって一本一本植えられた桜、そこに込められた想いや感謝の気持ちを後世に伝えるための祭りです。
 今年度は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、開催内容を夜桜のライトアップのみに縮小。川面に映る幻想的な世界をお楽しみ下さい。
※開催エリア内での食事、飲酒を固く禁じます。その他、検温やマスク着用、入場制限等にご協力をお願い致します。
【電話】047-407-0192(八千代市観光協会)八千代新川千本桜まつり実行委員会

北総花の丘公園 体験型謎解きゲーム
魔女の宝を探し出せ!―ジェリーのトレジャーハントシリーズvol.6―

【日時】〜3月31日(水) 10時〜16時
【場所】北総花の丘公園Bゾーン・Dゾーン(印西市原山1-12-1)
【受付】2階管理センター
【料金】100円
【内容】ハロウィンの魔女が、近くの場所に宝を隠したらしい。どうやら、ある呪文を唱えないと宝はあらわれないという。あなたは謎を解き、呪文を導き出すことができるか?!施設内を歩いてパネルを探し、問題用紙と照らし合わせながら謎を解く、体験型謎解きゲームです。​​
【電話】0476-47-4030

国立歴史民俗博物館 第3展示室
特集展示「もの」からみる近世『桜の意匠』

【日時】3月16日(火)〜4月11日(日) 9時30分〜17時(入館は16時30分迄)
【場所】国立歴史民俗博物館(佐倉市城内町117)
【料金】一般600円/大学生250円/高校生以下無料
【休館日】毎週月曜日(月曜日休日の場合開館、翌日休館)
【内容】園芸、意匠、花見といった視点から、近世における人と桜との関わりを見ていきます。園芸では、園芸書や図譜などにより、どのような品種の桜を観賞していたのかを示します。意匠では、桜をモティーフとした美術工芸品から、桜にまつわるイメージを探ります。花見では、錦絵などにより、江戸における桜の花見の名所を紹介します。
【電話】050-5541-8600(ハローダイヤル)

◆ふなばしアンデルセン公園 パンジービオラ100選
【日時】〜4月中旬 9時30分〜16時(時季によって異なる)
【場所】ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525)
【料金】大人900円/高校生600円/小・中学生200円/幼児(4歳以上)100円
【休園日】3月8日・15日・4月12日・19日・26日(基本月曜日)
【内容】春を迎えたアンデルセン公園では桜・スイセン・ナノハナなど、様々な花が見頃を迎えます。メルヘンの丘ゾーンでは100種類のパンジー・ビオラを展示しております。
【電話】047-457-6627

◆うきうき一押し桜スポット!
萱田地区公園
東京女子医大八千代病院のすぐ前に位置する八千代市で3番目に大きい公園。公園の中央には大きな噴水があり、カモやカワセミなどの野鳥を観察することもできます。毎年3月には公園を囲むように植えられた桜が満開になります。(スイセンイベントは中止)

おすすめの記事