2022年上半期12星座占い

  12星座の2022年上半期の運勢をタロットカードで占いました。 2021年下半期の結果とは裏腹に全体的に忠告のような結果が多いです。世の中も自分自身も、気を抜いてはいけない時なのでしょうね。

おひつじ座(3/21〜4/19生まれ)
昨年は気を引き締める場面が多かったようですね。その分力が入りすぎて空回ることも多くはありませんでしたか。今年は昨年の失敗を教訓に過ごしてみましょう。ちゃんと成長できているので、より良い結果を残せますよ。

おうし座(4/20〜5/20生まれ)
 社交的になり、人間関係の輪が広がります。人に出会う時は礼儀や距離感に気を使うことで誰かに導いてもらえそうです。好奇心が旺盛になりますが、飽きっぽくもなります。趣味も人間関係も持続させることが開運の鍵です。

ふたご座(5/21〜6/21生まれ)
 充実した幸せもつかの間、気づかぬうちに不適切な行動をとってしまうかもしれません。自分の行動や発言をよく見直してみましょう。発言する時は一息置いて、周囲の様子を観察してから発言すると評価も上がるでしょう。

かに座(6/22〜7/22生まれ)
 今年は戦う時が来るようです。勝ち負けに関わらず、結果によっては気持ちが不安定になることがあるかもしれません。そんな時に備え、今年は精神面の管理に力を入れましょう。ストレス解消や睡眠が大切です。

しし座(7/23〜8/22生まれ)
 周囲からの干渉や意見に気持ちが流されると、誤った判断をしてしまいそうです。自分の気持ちや価値観を大切にしましょう。背伸びや見栄は張らず、ありのままの自分を受け入れることで幸せが舞い込んできます。

おとめ座(8/23〜9/22生まれ)
 今年の運気は安定的ですが、反動するように自分の中の価値観が大きく変わる年です。世の中の動きに関心を持ちましょう。実は密かに興味があったことなどを勉強しておくと近い将来役に立つ時が来るかもしれません。

てんびん座(9/23〜10/23生まれ)
 昨年は保守的であまり動きのなかった1年だったという方も多いのではないでしょうか。今年は目標や夢の実現がしやすい年です。勇気を出して行動してみましょう。なんの考えもなしでやったことが思わぬ実を結びます。

さそり座(10/24〜11/22生まれ)
 絶好調で自信ややる気もみなぎっている時かと思います。ですが、周りが見えず一人で突っ走ってしまうと周囲からの評価も下がり、支援してくれる人がいなくなってしまいます。感謝の気持ちを忘れず謙虚に行動すると◎。

いて座(11/23〜12/21生まれ)
 昨年挑戦したことは努力した割に結果がついてこず、不満が残ったまま終わった方も多いのでは。今年挑戦することはがむしゃらに挑み頑張ってみましょう。勝利を勝ち取ることができます。自信がつく一年になりそう。

やぎ座(12/22〜1/19生まれ)
 体力が衰えている方が多いかもしれません。体力をつけることで全体的な運気がアップします。また、大金を使う買い物は下調べ不足で手をつけると騙されたり不良品だったりと悲惨な目になりそう。周りに相談すると良いです。

みずがめ座(1/20〜2/18生まれ)
 昨年の下半期はトラブル続きではありませんでしたか?気持ちや考えを改めないと、また続いてしまいそうです。今の自分にはなにが必要でなにが足りないのか、一度自分の状況を整理すると良いスタートが切れそうです。

うお座(2/19〜3/20生まれ)
 全体の人のために自分を犠牲にしたり、押し殺さなくてはいけない時が来るかもしれませんが、あらかじめ愛想良く謙虚に振る舞うことで回避できます。今年は人に愛や優しさを与えることで自分にも帰ってきそうです。

おすすめの記事