実は先月小劇場で映画を観てきました。

わたしは最悪

インパクトあるタイトルですよね。
北欧の映画です。

日本版のアートディレクションを手掛けた石井勇一さんがTwitterで告知してて、歳の近い主人公に共感できる部分があったので気になって観てきました。

この石井勇一さん、一応デザイナーの端くれの私が最近気になる人でして。

君の名前で僕を呼んで
永遠に僕のもの
mid91s
ライトハウス
花束みたいな恋をした

など、展開が読めないちょっと不思議な雰囲気の映画のディレクションをよく手掛けています。
告知されるたびなんか気になっちゃうんだよな〜。
なんとなくどの作品も空が印象的かもしれない。

劇場は新宿にある新宿シネマカリテ
小劇場自体初めてだったのですが、ライブハウスみたいでワクワクしました。
うまく言えないけど、普通の映画館より映画好きの魂が宿ってる空間という感じかなあ。 

というか上映作品がどれも面白そうで笑った。

ゲテモノ?ダークサイド?R指定?寄りのB級映画が多めなんだろうか。

映画観るときはなにも食べない派ですが、今回は上映時間が128分と少し長いようなので、ビールとおつまみ片手に劇場に入りました。
上映期間が短いのもあるのかほぼ満席!(8月末までは公開されているようです)

タイトルとは裏腹に内容はパワフルな気分屋の女の物語です。(ざっくりかもしれないけど本当そういう映画)

私も気分屋だけど、リスクはあまり取らないので、彼女ほどではないかなあ。
リスクをカバーできるほど頭が良かったら結構近かったかもしれないけど。
仕事、結婚、出産…生き方に多様性が認められつつある日本の女性には彼女の生き方は刺さるのではないかと思いました。
あと、各シーンに映る部屋に置かれたインテリアがおしゃれで個人的に印象的でした。

これはちょっと離れたところにあった別の小劇場

個性的なタイトルの映画のポスターの並びを見ると、人目につかない名作って実は世の中にたくさんあるんでしょうね。

来月は私が一番好きな映画ジム・キャリーのMASKがロードショーでやるようなので楽しみです。(結局有名所かい)

コメント欄を開放するので、あなたのおすすめの映画があれば教えて下さいね。

※不適切な投稿は削除されてしまうのでご注意ください

おすすめの記事