【編集者のつぶやき】夏の終わりに下北沢へ

秋が顔を覗かせていますね。
帰りがけは半袖だと肌寒いので、今日は長袖デビューしちゃいました。

今年は飯綱近隣公園のセミの抜け殻の渋滞にドン引きした夏でした。
そんなに密集して羽化しなくてもよくないか。

こんなのがそこらへんにいっぱいある

セミってこんなにいるもんだっけ?
年々増えてきてる気がするのは気のせいだろうか。
飯綱近隣公園の奴らは何気に体当たりしてくるから強気で苦手です。

私は先月から2週間おきに新宿の小顔矯正に通っていて、通院後に先生がオススメしてくれる新宿から近場の駅(小田原線や副都心線沿い)を開拓するのに忙しくしているこの頃です。

ちなみにどちらの路線も滅多に使ったことがないという。

こないだは初めて下北沢駅に降りてみました。
おしゃれな古着屋がたくさん!
第一印象は原宿を大人向けにした感じ。
原宿よりぎゅっと密集してお店がある感じかな。

大学生〜20代ぐらいの若者が多かったけど、10代の子はあまり見かけなかったかな。
原宿ほど元気過ぎるわけでもなく、どこか懐かしい昭和の面影を残しているので、幅広い年齢層の人が楽しめる街ですね。
アラサーは好きだと思う。

気になる飲食店が多い
見てるだけで楽しい
古着よき
おしゃれな若者が多いです
アーティスティックやなあ

服屋と同じぐらい、美味しそうな居酒屋もたくさんあってテンションが上がるぅ。
今回はちょい飲みだけして帰りました。

店内が落ち着いていて素敵でした

商店街の反対側にはファミリー層向け?のお洒落な新しい施設とかあったけど、そっちはまた次回に行こう。

新宿からすぐのところにこんな場所があったなんて…!
新たなお気に入りスポットになりそうです。

そして妖精に出くわす

この記事を書いた人
【うき実(八千代市出身・在住)】
フリーペーパーうきうきの編集、デザイン業務をしています。
興味のあることにはとりあえず片足を突っ込むがモットー。

おすすめの記事