まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき

UKIUKIな日本の行事 6月・水無月ーみなづきー

2016-06-01

 古来より移り行く四季に寄り添い、歳時や年中行事を大切にしてきた日本人。UKIUKIでは月毎に「節句」&「24節気」の意味をご紹介します。先人の知恵や想いを知る事で、何気なく過ごしている日常から大切なものに気づく事があるかもしれません。(Y)
水無月(みなづき)の由来
  田んぼに水を引く月である事から、水の月という意。※水無月の「無」は連体助詞「の」にあたる。『水張月』や『皆尽月(田植えを皆で協力して行う)』が転じたという説もある。

■24節気(日程は年度により多少変動します)
・6月5日「芒種(ぼうしゅ)」
芒(のぎ)【イネ科の植物の花にある針の様な突起】がある穀物や稲・麦等の種を蒔く季節(実際の種蒔きは、これより早い時季に行う)。
・6月21日「夏至(げし)」
1年で昼間が最も長く、夜が最も短い日。関西ではタコを食べる習慣があり、関東では焼き餅をお供えする地方もある。

〜ちょこっとトリビア〜『夏至南風』って、なぁんだ?
A.沖縄で夏至の頃に吹く、湿気を帯びた南~南西の比較的強い風の呼び名。梅雨明けを知らせ、本格的な夏の訪れを知らせる季節風なんだ。

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種