まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき

UKIUKIな日本の行事 2月・如月ーきさらぎー

2016-01-27

 古来より移り行く四季に寄り添い、歳時や年中行事を大切にしてきた日本人。月毎に「節句」&「24節気」の意味をご紹介します。先人の知恵や想いを知る事で、何気なく過ごしている日常から大切なものに気づく事があるかもしれません。 (Y)
如月(きさらぎ)の由来
 寒さにより着物を更に重ねて着る『衣更着(きさらぎ)』が転じたという説があります。

■24節気(日程は年度により多少変動します)
・2月4日「立春(りっしゅん)」
1年の始めとされ、決まり事や季節の節目の起点。冬至と春分の中間、春の始まり。書状は、立春以降「寒中見舞い」ではなく「余寒見舞い」(2月下旬頃迄)となる。

・2月19日「雨水(うすい)」
雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意。草木が芽吹く頃で、古来より農耕の準備を始める目安とされてきた。地域によるが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとされる。

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種