まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき

UKIUKIな日本の行事 1月・睦月ーむつきー

2016-01-13

 古来より移り行く四季に寄り添い、歳時や年中行事を大切にしてきた日本人。今号から「節句」&「24節気」の意味を月毎にご紹介します。先人の知恵や想い を知る事で、何気なく過ごしている日常 から大切なものに 気づく事があるかもしれませんね。(Y)
睦月(むつき)の由来
 正月は身分や年齢に関係なく、親族が互いに往来し、仲睦まじく宴をする月である事からという説と、稲の実を初めて水に浸す月を指す「実月(むつき)」から転じたという説もあります。

■5節句(1番目の節句)
・1月7日「人日(じんじつ)」…お正月最終日、七草粥を食べて1年の豊作と無病
 息災、長寿を願う。七草粥は、正月のご馳走に疲れた胃腸を労り、ビタミンを
 補う効果も。 ※春の七草:せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)

■24節気(日程は年度により多少変動します)
・1月6日「小寒(しょうかん)」…「寒の入り」=寒さの始まりの意。寒中見舞いは小寒から出し始める。
・1月21日「大寒(だいかん)」…小寒から数えて15日後、1年で最も寒い時期の意。小寒から大寒を中日に挟んだ立春(節分)迄の30日間を寒さが 厳しくなる「寒の内」という。寒稽古や寒中水泳等、耐寒の為の様々な行事が行われる。寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など) を仕込む時期にあたる。

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種