まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき

うきうき歳時記(11月)

2017-11-15

 日本には、季節の流れに沿った行事や風習が数多くあります。忙しさに紛れて忘れがちですが、その意味を知り、生活に取り入れることで、気持ちに潤いが生まれるのではないでしょうか。(Y)

「勤労感謝の日」11月23日
 昭和23年「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」として制定。起こりは、旧暦11月の第2卯の日(新暦12月中旬頃)に行われていた「新嘗祭(にいなめ さい)」で、 新穀を神様に捧げ、その年の収穫に感謝する儀式だった。

「酉の市」11月6日(一の酉)、11月18日(二の酉)、11月30日(三の酉)
 関東を中心とした神社で、11月の酉の日の酉の刻(17時~19時)頃から開かれる露店市。熊手や招き猫等の縁起物を 買い、一年の無事に感謝し来る年の幸 を願う、江戸時代から続く代表的な年中行事。 始まりは、江戸近郊に位置する花又村(現在の足立区花畑・大鷲(おおとり)神社)であるといわれ、祭りの形態も、当初は近在の農民が鎮守である「鷲大明神(わしだいみょうじん)」に感謝した収穫祭であったと伝えられている。

豆知識 縁起熊手
酉の市の名物・縁起熊手は、運を「かっ込む」、福を「はき込む」といって開運招福・商売繁盛を願った、江戸っ子らしい洒落の利いた縁起物。 取引は、値切るほど縁起が良いのですが、そのまま安く買うのは野暮。最初に聞いた値段で払い、値切った分のお釣りをご祝儀にするのが粋とされています。家では、福を取り込みやすい様、玄関等の入口に向け少し高い所に飾るか、神棚に供えてお正月を迎えます。

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種