まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき

新たな発見に出会える!国立歴史民俗博物館

2016-08-10

gg

昭和58年3月に佐倉城址の一角に開館し、日本の歴史と文化について総合的に研究・展示されている国立歴史民俗博物館(以下『歴博』)。今回は、歴博を広報の松澤さんと回りながら、その魅力や観覧ポイントを伺いました。

ー歴史に興味のない人でも楽しめますか?
 「はい。歴博は模型やレプリカを多用し立体的で分かりやすい展示が多く、興味と理解が深まるよう工夫されています。タッチパネルを使ったクイズや体験コーナー等、お子様でも楽しみながら歴史に触れることが出来ます。」

sss

fff

ー企画展示【よみがえれ!シーボルトの日本博物館】(9/4迄)の内容と 見所は?

kko

hhi

 「江戸時代後期に来日したドイツ人医師・博物学者シーボルト没後150年を記念し、彼の日本コレクションから精選した約300点を、シーボルトの日本博物館という新たな視点で展示。見所は、日本初公開の『伊能特別小図写(西日本)』(シーボルトがひそかに持ち出そうとした国禁の地図の写図)や漆工芸の数々。第二会場入口前のビデオで知識を深め、シーボルトが魅了された日本を感じて下さい。」

ー特集展示【戦国の兜と旗】(9/19迄)の見所は?
 「修理後、初お披露目の落合左平次道次背旗(8/21迄は実物、以降は複製の展示)の裏面が初公開。戦国時代末期の変わり兜10点の個性的な飾りも見応えありです。」

常設展示の必見ポイントを教えて下さい。
 「展示室は6つに区切られています。
【原始・古代】閉室中。
【中世】京都の町並み復元模型…精巧なつくりで見ているだけで楽しい。タッチパネルのクイズでより知識が深まります。
【近世】江戸図屏風…タッチパネルで細かい部分まで拡大可能。寺子屋体験等もあり江戸時代の人々の生活や文化を体感出来ます。
【民俗】祭りや妖怪…妖怪の好きなお子様に人気。
【近代】浅草の繁華街再現と無声映画の上映…タイムスリップしたかのようなノスタルジックな空間。
【現代】佐倉連隊に焦点をあてた展示物…終戦記念日を前に戦争と平和について考える良いきっかけとなると思います。館内は広いので興味のある時代から回られるのがお薦めです。」

hhh

ddd

fffr

 歴博は、模型や人形・タッチパネル等での展示が多く、視覚に訴える為、文字だけの羅列よりインパクトが大きく印象に残ります。是非、身構えずに観覧してみて下さい。きっと、自然と歴史に興味が沸き、日本がもっと好きになると思います。(Y)

【住  所】佐倉市城内町117
【開館時間】9:30〜17:00(3〜9月)※10〜2月は9:30〜16:30 ※入館は閉館30分前迄
【休館日】月曜日(祝日の場合翌日休館)、年末年始
【入館料】一般 420円(企画展示830円)高校・大学生 250円(企画展示450円)、小・中学生以下 無料
【アクセス】京成線「京成佐倉駅」から徒歩約15分orバス約5分
【問合せ】ハローダイヤル 03-5777-8600(年中無休、8:00〜22:00)

map

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種